【シロアリ調査】シロアリかも!?気づいたらまずは、調査をしよう!

公開日 2019年4月05日
更新日 2019年4月15日

【シロアリ調査】シロアリかも!?気づいたらまずは、調査をしよう!

「最近家の中のカビが、増えた気がする…。」
「床がぼこぼこし始めた…。」
「これはひょっとしたらシロアリかもしれない…」
そんな風に思ったら、最初にシロアリの調査から始めましょう。

シロアリの調査とは、具体的にどこを見るのか、どんなことをするのか、そしてどんな業者を選べばいいのかわからないところが、たくさんあると思います。

こんにちは。リムケアで工事担当をしております、シロアリ防除士の石川と申します!今回はシロアリ調査について、シロアリについて知っておくべきポイントを紹介します。

シロアリ(白蟻)駆除はプロに頼んで巣ごと駆除しよう。

調査を依頼する前に、セルフチェック

調査を依頼する前に、セルフチェック

普通に生活しているだけでは、直接シロアリを見かけない限りは、家の中にシロアリがいるのかいないのか、見分けをつけるのはとても難しいです。

どんな状況になったら、本格的な調査を依頼すればいいのでしょうか?

まずは自分自身でできる簡単な、調査をすることをオススメします。
自分調査するときの、注意点を紹介します。

1.近所にシロアリ駆除をした家がある

まず知っておきたいことは、近隣の家でシロアリの駆除をしたかどうかです。
特に最近隣の家が駆除をしていたら、要注意です。

なぜなら、隣の家が駆除した時に、もしかしたら逃れたシロアリが、飛んでくる可能性があるからです。

2.庭や、玄関外にダンボール等が放置している

シロアリの大好物は、木材やダンボールです。
そして湿度を好みます。

そのため、長い間外に置きっぱなしにしているダンボールや、木材などはシロアリにとっては、ごちそうも同然です。

もし放置してあるなら、その場所をよく見てください。
そして早く、処分することをオススメします。

3.家の中にカビが繁殖している

シロアリと、カビは密接に関係しています。
最近水回り以外で、カビが増えてきた気がすると感じたら要注意です。

自分でシロアリ調査する方法

自分でシロアリ調査する方法
シロアリ調査を、自分でする方法を紹介します。

しかし、素人ではちょっと難しいです。
そのため準備をしっかりしましょう。

押入れの中のカビ

湿気が多くなると押し入れの中にまでカビが侵食してきます。

そしてカビとシロアリは密接に関係しているため、押し入れの中に最近カビが多くなってきていると、シロアリも活動しやすい環境になってきていると言えます。

床がふわふわと浮いたような感覚がある

床下でシロアリの被害が起きている可能性があります。

もしも歩いているときの感覚が、おかしいなと感じたら注意が必要になります。

床下を確認する

シロアリといえばやはり床下です。自分で行う際は、あまり無理をせずしましょう。
確認することは床下に水漏れがないか、カビが生えていないか、シロアリがいるのかいないのかになります。

長袖の服、長ズボン、そして軍手などを身に着けてしましょう。

屋根裏を確認する

壁や柱をつたってシロアリは、屋根裏にも侵入してしまうので、屋根裏も可能なら自分で一度見てみるといいかもしれません。

屋根裏で確認するところは、雨漏りがないかどうかになります。
シロアリは湿気をとても好むので、とても住処にしやすくなってしまいます。

蟻道があるか確認する

蟻道と書いて「ぎどう」と呼びます。
これはシロアリが、乾燥から自分の身を守るために作り上げる専用の通路です。

この蟻道があることで、シロアリは移動が楽になり、至るところに行動範囲を広げられるようになります。

外の壁や柱などに、多く作る傾向があります。
驚くべきことにこの蟻道は、空中にも作れるようです。

以上が自分でもできる細かい部分の、シロアリの調査になります。

しかし、床下の天井裏の調査は、危険がついてきます。自分で調査するなら、覚悟してしましょう。

シロアリ調査は無料も多い

シロアリ調査は無料も多い

シロアリ業者は、調査だけを請け負っているところはまずありません。
必ず、調査と駆除をしているといっても過言ではありません。

そこでどんな業者を選べばいいのかですが、最近ではインターネットの普及もあって、調べることは昔に比べて容易にないっています。

しかし、逆に情報が溢れるようにあり、どういった点で選べばいいのかわからなくなってしまう、という意見もあります。

もちろん、業者の中には悪い業者もいるようです。

例えば、最初は調査だけといって無料しても、駆除の契約をするまで必要に迫ってくる業者です。
また、作業が雑で実際に調査をする家屋を壊してしまったり、勝手に駆除を始めてお金を要求したりするなど、例を上げていくとキリがないです。

そのため調査と、駆除は一つのセットで考えましょう。

また、シロアリ駆除が必要と業者にいわれた場合は、シロアリ駆除の相場をある程度しっておくことも必要になります。

業者からシロアリ駆除の費用について説明を聞く前に、知っておきたいことを紹介します。

1.表示金額を知っておく

押さえておきたいポイントはネットや、新聞、チラシなどに掲載されている価格の表記です。

それぞれの業者が記載している価格を比較することが、大切になってくるのですが、問題なのはその表記方法になります。

業者は一坪あたりの単価と、平方メートル(㎡)あたりの単価で出している場合があります。
※一坪は3.3㎡です。

一坪価格で換算する場合は、その3.3倍で計算する必要があります。
わかりやすい表記である坪で価格を公表している業者がほとんどですが、㎡だけの表記だと一見すると金額が小さく見えるため、安さのみを売りにしている業者で見られます。

2.平均金額を知る

一般財団法人経済調査会の統計を参考にすると、シロアリ工事の価格は坪当たり10.725円(1㎡あたり3250円)です。

そして業者の種類によっても、設定金額が異なります。

  • シロアリ予防工事…2,000~/m²
  • シロアリ駆除工事…2,400~/m²

上記はあくまで目安です。
建物の構造などによっても、金額は増減しますので目安として参考にしてください。

以前はシロアリが見つからなくても調査(見積もり)は、有料のと言うところはありました。

しかし今は、調査のみは無料とうたっているところがほとんどです。

業者に依頼するメリット・デメリット

業者に依頼するメリット・デメリット

調査を業者に依頼するメリット

業者はシロアリの知識をたくさん持っています。
そんな業者にシロアリ調査を依頼すると、家に潜んでいるのが本当にシロアリかどうかを判断してくれます。

羽アリが家に出ました、それはシロアリかどうかの判断は、素人には難しです。

よくあるのがシロアリの羽アリと思っていたら、それはただのクロアリで無害で、放っておいても問題ないという可能性は十分にあります。

シロアリかクロアリかを見分けるのは、プロの業者に判断してもらいましょう。

駆除を業者に依頼するメリット

シロアリの駆除をプロの依頼するメリットもあります。

例えば、シロアリ駆除をする時に、目立たないように壁や、柱に穴を開けてのする法は業者ならではです。

素人すると余計な場所に、悪戯に穴を開けて、肝心な場所にポイントを絞れない場合もあります。

業者に任せると、穴を開けたとしてもなるべく目立たせず、パテなどを利用して穴を塞いでくれます。
そういった悩みに業者を利用することで、解消できます。

悪徳業者について

調査無料という言葉を利用して、活動する悪徳業者も存在します。

例えば実際あった、詐欺のような手口として以下のようなことがあります。

  • 前もって準備していたシロアリの死骸を見せて、駆除が必要だと迫る
  • 床下を調査するも、実際の場所とは違う場所の写真を見せて、あたかもシロアリの被害がいま起こっているかのようにみせる
  • 予防として床下換気扇の設置を勧めてくる

他にも、無料だからといってむりやり家に上がり込んでくる業者であったり、見積もりを要求してもいい加減なものであったり、すぐにでも工事を始めたがるような業者であったりする場合は、悪質な業者だと考えて問題ありません!

業者の選択基準として、業者が「日本しろあり対策協会」に加入しているかどうかも判断材料にしてみるのもいいかもしれません。

調査のあとの駆除の必要性

調査のあとの駆除の必要性

業者に調査をしてもらった後、シロアリがいないのならそれで終了です。

しかし、シロアリの存在が確認したら、駆除をしないと取り替えしのつかないことになりかねません。

なぜ取り返しのつかない事態になるかというと、シロアリが家を壊してしまうからです。
シロアリはプラスチック以外なら、なんでも食べてしまいます。

シロアリをそのままにしておくと家の柱や、壁などがすかすかになってしまい、倒壊の危険性が増します。そのために駆除が必要になってきます。

シロアリ駆除

駆除をするとなると、駆除方法のほとんどが、薬品による駆除方法です。
駆除をするための薬品は、ホームセンターなどでも売っていますが、種類が豊富であるためこちらも業者に任せてしまったほうがはるかに安全です。

シロアリの種類によっても選択する薬剤は、異なってきます。
薬品であるために副作用など、体に害がある可能性も多分にあります

床下に入り、柱などに穴を開けて薬剤を注入したりする手法は素人には難しい部分です。

業者にいらいするれば、施工後の保証があります。
しかし、この保証内容は事前に、どこからどこまでを保証してくれるのかをしっかり確認しましょう。

まとめ

今回は、シロアリ調査とは、どんなことをしてくれるかについて紹介しました。

シロアリがいるかもしれないと不安を抱えたままではなく、早めに業者へ依頼しましょう。

自分でシロアリのセルフチェックするのもいいですが、難しいと感じたら業者に依頼することがオススメです。

特に過去5年間で、シロアリ対策をまったくしていないのなら、念入りにチェックしてみてください。

家の中の違和感は、気づきにくいものですが、よく観察するとおかしな場所に気付けます。
そしてもしおかしいと感じたなら、業者への依頼を考えてください。

選び方の基準は金額であったり、り、どういった手法で駆除するのか様々です。
調査そのものは無料であることがほとんどですが、無料という言葉にだまされないように注意深くなってください。それでも、悪質な業者もいればとても親切な良い業者もたくさんあります。

シロアリの調査は家を長く大切に使うために必要がことになります。
肝心なのはきちんと行動することです。

シロアリの対策を怠ってしまったら、大変なことになるかもしれません。
しっかりと業者を選び調査をすることで、安全で安心できる生活を長続きさせられます。

リムケアのシロアリ無料診断をご活用ください

シロアリ駆除業者を選ぶ際、価格は大きな判断材料のひとつ。しかし、いくら価格が安いからと言って、肝心の工事クオリティが低くては意味がありませんよね。ご納得いただくためには品質と価格のバランスが大切です。

シロアリ駆除のリムケアは、白蟻駆除に必要な「標準サービス12点」がすべて揃った工事が、追加費用なしの業販価格でご利用できる日本最大級のしろあり防除工事保証サービスです。

写真でわかる無料診断

お電話でのご相談や出張床下診断を無料サービスとして提供しております。無料診断をしてもご注文をする必要はございません。お気軽にご連絡ください。

家計に優しい業販価格

リムケアなら、認定しろあり防除士によるシロアリ防除工事(標準施工12点)が平米1200円(業界平均の3割引き)の価格でご利用いただけます。

業界初の最低価格保証

工事や保証内容が「安心・安全・安価」かどうかを比較していただくため、他社との相見積もりを推奨しています。他社より高ければ必ずお安くします

不安な点があれば遠慮なくご相談ください。
0120-766-557(受付時間:9:00~20:00)

>>プロのシロアリの無料診断について詳しくみる

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (4 投票, 平均点: 4.50)
読み込み中...
記事の監修 石川 健一(いしかわ けんいち)

日本しろあり対策協会認定「しろあり防除士」

1968年愛知生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、「住宅設備を知り尽くした害虫駆除マスター」として大手家電量販店のリフォームセンター業務に従事。シロアリ駆除から水回りの湿気対策まで、床下に特化した工事を多数手がける。

シロアリ(白蟻)駆除はプロに頼んで巣ごと駆除しよう。

ページの先頭へ