ヤマトシロアリとイエシロアリの違いとは

公開日 2017年10月15日
更新日 2018年9月19日

シロアリの種類は非常に多く、わかっているだけでも
世界中に2,000種類以上といわれています。

その中で建物に侵入し、建築物等に大きな被害を与えるのは、
ヤマトシロアリとイエシロアリ、また外来種のアメリカカンザイシロアリです。

シロアリは高温湿地を好みますが、日本でもほぼ全国に生息し、
特に太平洋沿岸部や九州・沖縄地方は、ヤマトシロアリに加えて
イエシロアリの両方が生息しています。

シロアリは小さな虫だからと侮ってはいけません。
シロアリは大群で生活しているからこそ注意が必要です。

シロアリの被害を発見してすぐ家が倒れることはありませんが、
床下や木材内部で活動しているため、普段人前に姿を現すことはなく、
発見時にはかなりの割合でシロアリの被害が進行している可能性があります。

シロアリ(白蟻)駆除はプロに頼んで巣ごと駆除しよう。

発生時期や時間帯で判断する

シロアリのハネアリ(羽蟻)を発見した時期や時間帯で判別することができます。

羽アリの発生時期・時間帯
ヤマトシロアリ 4~5月頃 午前中から日中
イエシロアリ 6~7月頃 夕方から夜

ヤマトシロアリは4~5月の雨上がりの午前中から日中にかけて、
イエシロアリは6~7月の夜間に、それぞれ新しい巣作りのために飛び出します。

シロアリの羽アリの違い

イエシロアリの羽アリ ヤマトシロアリの羽アリ
写真 イエシロアリ 羽アリ ヤマトシロアリ 羽アリ
体色 頭部:暗褐色
胴体:黄褐色
頭部:黒褐色
胴体:黒褐色
羽色 乳白色や淡黄色
半透明の羽
淡い黒色系
半透明の羽
条件 梅雨の合間に、気温が上がって湿度が急激にあがる時、少々雨が降っていても、条件が整えば飛ぶ 天気がよく風があまり吹いていない日

巣の違いで判断する

ヤマトシロアリは、被害箇所と巣を兼ねることが多く、
条件によっては特別に加工した巣を構築することもあります。全体で数万頭~以上の規模です。

イエシロアリは、建物の下や地中に大きな巣(コロニー)をつくります。
女王がいる本巣以外に分巣があり、コロニーが大きくなると分巣が増加します。
全体で5万頭から大きいもので100万頭の大集団となるため被害が大きくなります。

ヤマトシロアリ イエシロアリ
写真 ヤマトシロアリ 職蟻と兵蟻 イエシロアリ 職蟻と兵蟻
被害箇所と巣を兼ねる。条件によっては特別に加工した巣を構築することも。
全体で数万頭~以上の規模となる。
全体で最低でも5万頭、大きいもので100万頭の大集団となる。
建物の下や地中に特別に加工した塊状の大きな巣をつくる。
加害特性 床下基礎から加害する
腐朽した木材を好み、土台や束・大引きなどから加害する。乾燥した上部の木材を加害することもある。
加害スピードが速く、集団の頭数が多いため被害も大きくなる。

1日2日で被害が目に見えるほど大きくなることはないため、
慌てて駆除を行う必要はありませんが、調査や駆除は早期に行うことをオススメします。

駆除となれば費用もかかってきますし、きちんと駆除してくれるのかな?など
不安もあると思いますので、皆様にとって信頼できる業者を探してみましょう。

不安な点があれば遠慮なくご相談ください。
↓「リムケア」の無料診断はこちらになります。
0120-766-557(受付時間:9:00~20:00)

>>プロのシロアリの無料診断について詳しくみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (8 投票, 平均点: 4.75)
Loading...
記事の監修 石川 健一(いしかわ けんいち)

日本しろあり対策協会認定「しろあり防除士」

1968年愛知生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、「住宅設備を知り尽くした害虫駆除マスター」として大手家電量販店のリフォームセンター業務に従事。シロアリ駆除から水回りの湿気対策まで、床下に特化した工事を多数手がける。

ページの先頭へ