• 新着
  • シロアリ駆除その前に
  • プレスリリース
  • メディア掲載

シロアリ駆除費用の相場と3つの注意点

公開日 :2016年9月30日 / 更新日 : 2018年2月27日

「自分の家にシロアリがいるかも…」と不安に思った経験はありませんか?
中には自分の家に大量発生した羽アリを見つけて、不安で頭がいっぱいになって、業者に連絡される方も多いと思います。

シロアリ駆除業者から渡される見積書には、一般の方には馴染みのない項目費用が記載されていることも多く、駆除経験のない方は「この金額は本当に妥当なのだろうか?」と疑問を持たれる場合もあります。

そこで今回は、シロアリ駆除の費用が適切かどうかを判断できるように、

  • シロアリ駆除費用の相場はいくらなのか?
  • 駆除費用はどうやって決めているのか?
  • 保証内容の違いを確認することの大切さ

をご紹介していきます。

ご紹介する3つのポイントを知ることで、シロアリ駆除の費用と作業内容についての理解が深まり、納得のいく契約ができるようになるでしょう。

どのような作業が必要なのか、どのような費用が発生するのかを事前に知るのと知らないとでは、シロアリ駆除業者とのやり取りに大きな差が生じます。

業者に言われるがままに過剰な工事を行ってしまわないためにも、予備知識として頭のなかに入れておくことは必要不可欠なことだと思います。


シロアリ駆除費用の相場はどれぐらい?

シロアリ駆除費用の相場はどれぐらい? シロアリ駆除を依頼する時、提示されている金額が適正なのか、相場と比べて高いのか安いのかが気になると思います。

1階の床面積を基準に「1坪あたり◯◯円」といった単価計算が多く、1坪あたり6,500円から8,500円というのが平均的な相場です。

ただ、坪単価だけの料金比較は注意が必要です。
なぜなら、基本となる料金に含まれている作業内容や保証期間に違いがあるからです。

坪単価などの基本料金のほかに、追加料金を別途設定しているところが大半なため、大きく表示されている数字だけで判断すると、予想以上の費用を請求される場合があります。

坪単価だけで判断するのではなく、

その金額に対してどういうサービスが含まれているのか?
いくら追加費用は発生するのか?

など、基本料金以外にも目をむけることが大切になります。

比較材料はたくさんあるにこしたことはありません。1社だけで判断するのではなく、複数の業者に見積を取ることをオススメします。

シロアリ駆除の費用はどうやって決めているのか?

シロアリ駆除の費用はどうやって決めているのか? シロアリ駆除の金額は、おおまかに4つの要素で決められています。

シロアリの種類

主に被害を与えるシロアリの約99%が「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」です。最近では「アメリカカンザイシロアリ」という非常に深刻な被害をもたらす外来種もいます。

「ヤマトシロアリ」は駆除方法が確立されているため安価になる場合が多いですが、「イエシロアリ」は他のシロアリと比べて食害のスピードが速く、屋根裏など被害が広範囲におよぶため費用が高くなる傾向があります。

家に被害をもたらす「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」の違いについて

工事面積の広さ・範囲

シロアリの被害状況によって費用が大きく変わってきます。

一般的なシロアリ駆除は床下基礎内での作業が中心となりますが、広範囲にわたって被害がある場合は、二階や天井裏まで作業を行う必要があります。

また、木造・鉄筋・コンクリートといった建築物の素材によっても工法が変わるため費用が変動する場合もあります。

被害の程度

耐震性に影響が及ぼほど食害された場合には、建材を入れ替える修繕工事が必要な場合があります。特にイエシロアリなどは広範囲に被害をもたらすため、早急に駆除する必要があります。

しかし、シロアリは床下や木部内で活動するため発見しづらく、ある程度被害が進行して建物に異常がでてからでない気づかないことがあります。そのため、こまめな点検や予防駆除を行うことが大変重要になっています。

駆除の方法

シロアリ駆除の方法は大きく2つあり、薬剤処理でシロアリを駆除する「散布消毒(バリヤ工法」と建物の外周に駆除剤を埋め込む「ベイト工法」があります。

散布消毒が1度の工事で完了するのに比べて、ベイト工法は定期的なメンテナンスがあるため作業期間が長くなり、施工費用が高く(およそ2倍程度)かかります。

確認しておきたい追加費用について

業者によっては下記のような追加費用がかかる場合があります。

  • コンクリートに穴をあける必要がある場合の費用
  • 作業中まわりが汚れないように養生するための費用
  • 防蟻用の床下換気扇工事の費用
  • 湿度を一定に保つ調湿剤の設置費用
  • 廃材の処理費用
  • 交通費(出張代・駐車場代)

お問い合わせをする時や見積依頼をする時は、このような項目が基本料金とは別に発生するのかどうかをしっかり聞いておきましょう。

シロアリ駆除の見積は必ず3~4社とりましょう


業者にシロアリ駆除を依頼するときは必ず比較するために複数の見積をとりましょう。上記のように業者によって駆除する方法や追加費用の内容が違いますので、価格に違いがでてくると思います。

【見積例】
例えば、以下のようにA社坪単価5,500円とB社坪単価8,000円の業者があったとします。

単価だけを聞くと、A社のほうがかなり安く感じますが、標準価格の中に含まれていない作業料金が多くあり、結果的に坪単価が10,000円なっていました。

20坪の場合
A社 見積 坪数 単価 金額
シロアリ駆除 20坪 6,500円 130,000円
浴室処理 一式 30,000円
玄関コンクリート処理 一式 30,000円
諸経費(出張代・駐車場代など) 一式 10,000円
合計 200,000円
B社 見積 坪数 単価 金額
シロアリ駆除 20坪 8,000円 160,000円

坪単価だけで判断することの怖さが伝わりましたでしょうか?

新聞のチラシやネットなどで極端に安い坪単価を出している業者もいますので、総額がいくらになるのかをきちんと確認しましょう。

まとめ


シロアリ駆除の費用は、業者によって違います。駆除の作業内容も違えば、保証内容や料金設定にも違いがあります。だからこそ、複数の業者に見積もりを依頼して内容を比較することで、作業内容の違いを知り、必要な作業とそうでない作業の見極めができるようになります。

疑問に思ったことはすぐに聞いてみましょう。シロアリ防除士の資格を持った駆除業者なら、疑問に思ったことに対してしっかり答えてくれるはずです。

工事内容の違いがわかりにくいため金額だけで決めてしまい、工事後に後悔される方もいらっしゃいます。作業内容や保証内容、補償範囲までしっかり見比べて判断することが大切です。施工だけで保証なしという業者もあれば、保証期間中に定期点検してくれる業者もあります。

この記事がお役に立ちましたら、下記の星ボタンより評価いただけると嬉しいです♪
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (8 投票, 平均点: 4.38)
Loading...

一覧を見る

リムケアが選ばれる「画期的な4つのメリット」

  • リムケアならシロアリ消毒の必要時期を見極められるので、過剰消毒を削減することで工事費が圧倒的に安くなります。

    シロアリ消毒の必要時期が分かるから工事が圧倒的に安い
  • シロアリを24時間監視するリムケアセンサーがあれば、マイホームに潜むシロアリを検知して被害を未然に防げます。

    地中に隠れたシロアリもセンサーで発見できます
  • 20,000地域で24時間シロアリ侵入の監視しているから、近隣でシロアリ被害が発生するといち早くお知らせします。

    外部からのシロアリ侵入も分かるから二次被害を防げます
  • リムケアでは、工事にかかる料金を総額表示しています。必要なものがすべて揃って、追加料金が一切発生しません。

    5年間の品質保証で安心
詳細を見る

最新のお知らせ

  • 新着
  • シロアリ駆除その前に
  • 用語集
  • メディア掲載
  • 0120-766-557
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み
  • 無料ご相談の申し込み

リムケアのシロアリ予防・駆除サービスは以下地域にてご利用いただけます

日本全国20000地域以上

ページの先頭へ