• 新着
  • シロアリ駆除その前に
  • 用語集
  • メディア掲載

シロアリ駆除薬剤の違いと安全性

公開日 :2018年1月10日 / 更新日 : 2018年1月11日

ちゃんとしたシロアリ駆除会社の見分け方 しろあり駆除に使われる薬剤は、「殺虫剤」などのネーミングから
危険なイメージが強いのではないかと思います。

特に、妊娠中の方や小さなお子様、赤ちゃんがいるお宅では、
アレルギーなどの健康面について様々な不安があることと思います。

薬剤を散布したことによるだるさや頭痛、のどの痛みなどの
いわゆるシックハウス症候群の心配もあることでしょう。

ここで言えるのは「使用量を間違えれば、どんな薬剤も安全ではない」ということです。

例えば病院で処方される薬も、飲み方を間違えれば人体に悪影響となるため
医師の診断によって容量や用法が決められているわけです。

シロアリの駆除薬剤にも同じことが言え、正しく使わなければ安全ではありません。
現在、しろあり予防駆除に使われている薬剤は、「安全性の高いもの」がほとんどですが、
これは薬剤を使用する用法・容量を守った場合のみです。

また、過去に安全性が高いと言われていた薬剤が、後に安全ではないことが発覚して
使用禁止となった薬剤の例もあります。

リムケアで使用しているシロアリ駆除用薬剤は、
シックハウス症候群の原因物質は含まれておらず、毒性が極めて低く抑えられています。

また、液体の薬剤に関しては蒸気圧が極めて低く、液体が蒸発しにくいので
空気中に薬剤が広がりにくく安全性も高くなっています。

もちろん「日本しろあり対策協会」と「日本木材保存協会」の
認定を受けた薬剤のみの使用です。


まとめ

かつてシロアリ駆除剤には大変毒性の強い物質が使われていました。それが人間への健康被害を生み出した結果、薬剤は何度も改良され、現在使用されているような物質へと変遷していったのです。

昔に比べて今のシロアリ駆除剤は効果が短くなっていますが、それは人体への影響を配慮した薬剤を選んだ結果ということになります。

現在のシロアリ駆除剤については、

  • 赤ちゃんや子どもへは特に影響しやすい
  • 母体を経由して胎児にも影響を与える
  • ペット(特に哺乳類以外)に強く影響する場合がある

ということが、とくに重要な点であると言えるでしょう。

昔よりも人体にやさしい薬剤が使われているのは確かですが、危険性が完全に払拭されたわけではありません。シロアリ駆除の際は駆除剤の特徴を押さえて、慎重に使用するようにしましょう。

一覧を見る

リムケアが選ばれる「画期的な4つのメリット」

  • リムケアならシロアリ消毒の必要時期を見極められるので、過剰消毒を削減することで工事費が圧倒的に安くなります。

    シロアリ消毒の必要時期が分かるから工事が圧倒的に安い
  • シロアリを24時間監視するリムケアセンサーがあれば、マイホームに潜むシロアリを検知して被害を未然に防げます。

    地中に隠れたシロアリもセンサーで発見できます
  • 20,000地域で24時間シロアリ侵入の監視しているから、近隣でシロアリ被害が発生するといち早くお知らせします。

    外部からのシロアリ侵入も分かるから二次被害を防げます
  • リムケアでは、工事にかかる料金を総額表示しています。必要なものがすべて揃って、追加料金が一切発生しません。

    5年間の品質保証で安心
詳細を見る

最新のお知らせ

  • 新着
  • シロアリ駆除その前に
  • 用語集
  • メディア掲載
  • 0120-766-557
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み
  • 無料ご相談の申し込み

リムケアのシロアリ予防・駆除サービスは以下地域にてご利用いただけます

日本全国20000地域以上

ページの先頭へ